浜松の中小企業が元気になるように、税の面からサポートします。
落合健裕税理士事務所
お問い合せ:tel. 053-450-2298
 
落合健裕税理士事務所
HOME | 業務案内 | 代表プロフィール | アクセス | リンク集 | お問い合せ  
HOME 業務案内 代表者プロフィール アクセス リンク お問い合せ

2013年4月アーカイブ

個人か?法人か?(その6)

  赤字法人の税負担は現在は最低でも年間71,000円になります。この金額は資本金額と従業員数によって決まります。資本金をいくらにするかで、税負担は決まってきますので、充分に気をつけてください。設立時の重要事項です。詳しくはご相談ください。(終わり)

独立開業支援いたします。

個人か?法人か?(その5)

 法人は社会保険の加入が強制になっているので、給与を設定する際には必ず事前にその負担額は確認してください。法人税は赤字なら負担はわずかです。(詳しくは次回)しかし社会保険料は毎月末黒字、赤字関係なく引き落とされます。税金より社会保険料の負担がたいへんなのです。開業間もない頃で、資金繰りが苦しいときはかなりプレシャーになります。充分に注意してください。(続く)                                独立開業支援いたします。

個人か?法人か?(その4)

 一番よくあるのは個人で利益がでた場合に法人を設立して、社長自身に給与を支払う方法です。これで法人の利益は社長の給与に転換できます。給与で課税される場合は収入金額から給与所得控除額が控除できます。収入金額にもよりますが、これだけでも充分に節税になります。どの位の売上で法人を設立した方がいいかはなかなか判断が難しいところです。それは社会保険の負担があるからです。(続く)                        独立開業支援いたします。

test

test

個人か?法人か?(その3)

 まず一番簡単な節税方法です。売上が年間1,000万円を超えると消費税の課税業者になります。その場合にはその翌々年から納税義務が生じます。そのタイミングで法人成りにすると、そこからまた2年間は原則として納税義務が免除されます。これは脱税ではありません。今後消費税率のアップが予定されています。さらに免除額は大きくなります。ただし何でも例外はありますし、改正がないとはいえません。詳しくはお尋ねください。(続く)                                                                   独立開業支援いたします!

 

個人か?法人か?(その2)

 最初から法人を設立するのは、取引先が大企業の場合は法人の方がいいようです。それ以外には経営者の「こだわり」(個人と会社とは何かと分けておきたい、「代表取締役」肩書き、など)、社会保険に加入したい。多くの出資者から資金を調達したい場合などがあります。これらに該当しなければ個人からの起業で差し支えありません。個人事業主が法人成りを検討する主な理由は節税にあると思います。具体的には・・・(続く) 

独立開業支援いたします。

個人か?法人か?(その1)

 個人事業主になるか、法人を設立して代表取締役になるかと悩んでいる方はいらっしゃいませんか?今回はそんな方が対象です。結論からいえば、ほとんど場合は個人からの起業でかいません。届出でをするだけで開業ができます。帳簿作成、税金計算も簡単です。一定の枠内でなら、節税対策もできます。やろうと思えば全部自分で処理できます。最初から法人を設立することを検討するのは・・・(続く)                                                 独立開業支援いたします。

 いつか参加するだろう同窓会。子供の自慢話しもいいですが、「昨日融資の件で銀行の支店長と会って・・・」と言って、 「へー お前が会社の社長? すごいなー!」こんなセリフを言わせてみましょう!(続く)                                                        独立開業支援いたします!

 定年退職の前に退職することになった方も、より若いうちにそのチャンスが訪れてきたわけです。気力、体力が充実した今が自分の会社を立ち上げるときです。考え方によってはチャンスが早々に到来です。「いつ社長なるのですか?」「今でしょう!」(続く)                          独立開業支援いたします!

 例えばパート勤めをしていたときは休みをとるのにも気兼ねをしていたと思います。社長になればライフ・スタイルに合わせて、自分で決めればいいのです。これだけでもとても幸せなことです。仕事のモチベーションが高まります。(続く)                                 独立開業支援いたします。

 人生これからまだ先が長い。年金を計算するに少し早すぎる。同級生に会ったときにポケットから取り出すのは「年金受給者証」より、「代表取締役」の名称が付いた名刺の方がずっとかっこいい!社長になるには資格も試験もありません。必要なものは自分自身の意志と情熱だけです。(続く)                                      独立開業支援いたします。

記帳代行業
税務申告
経営相談
会社設立の相談
贈与と贈与税申告
相続と相続税の申告
econowa
 
「エコノワ・プロジェクト」を応援しています。
落合健裕税理士事務所
〒430-0928
静岡県浜松市中区北寺島町214-14
Tel.053-450-2298
Fax.053-450-2297
E-mail:info@ochiai-zeimu.com
http://ochiai-zeimu.com