浜松の中小企業が元気になるように、税の面からサポートします。
落合健裕税理士事務所
お問い合せ:tel. 053-450-2298
 
落合健裕税理士事務所
HOME | 業務案内 | 代表プロフィール | アクセス | リンク集 | お問い合せ  
HOME 業務案内 代表者プロフィール アクセス リンク お問い合せ

2010年10月アーカイブ

DSCN0111.JPGDSCN0109.JPG

(前回より)ところでこのセミナー会場の同じフロアーでは「土地家屋調査士」のセミナーも開催されていました。この専門家の仕事に土地の境界を確定があります。これは相続とも関係があります。隣地と境界で揉めている場合は相続が発生する前に解決しましょう。先延ばしにすると問題がこじれます。これはりっぱな相続対策です。私の仕事仲間にもこの資格で仕事している人がいます。お互いに日曜日に勉強しているわけです。その道にプロになるのは大変です。ロビーに飾られた花(造花でしたが)がせめてもの慰めでした。(終わり)

DSCN0111.JPG

 10月17日の日曜日に笹岡宏保先生の「土地評価実務大学」のセミナーに参加してきました。この先生は資産税の分野ではたいへんに有名な先生で、全国から人が集まります。今回は「雑種地の評価」でした。雑種地の評価はどの程度建築制限を受けるかという「しんしゃく割合」が大きなポイントになります。当然相続税にも大きく影響してきます。この件では以前たいへんに悩んだことを思い出しました。今回は本に書いてあること以外に、「判例研究」もしました。これこそが生きた教材です。税務上の判断は本に書いてあることだけではできません。また「必ず現地に足を運ぶ!」ということの大切さも学びました。そのためには税理士業務には長靴も必要だそうです。こうした姿勢は学ばなければなりません。(続く)

DSCN0104.JPG

(前回より)簡単にわかりやすく説明することは以外と難しい作業です。まず全体を正しく理解していないとできません。さらにそこから大事なことだけを抽出します。次に人に伝えるときには言葉を選ばなければなりません。私は「中学生でもわかる言葉で説明できなければならい。」と教えられました。これが高校生になると言葉がいたらなくても、相手が内容を察してくれるようになり、スキルを必要としなくなってしまそうです。小学校での講師は本業よりたいへんかもしれません。(終わり)

DSCN0103.JPG

 今日は「租税教室講師養成研修」に行ってきました。これは小学生から高校生に「税」の大切さを教えるための研修です。この研修を受けて学校で講師をすることになります。普段の相手は会社の経営者が多いのですが、今回は違います。説明の方法や興味の持たせ方などにもいつもとは違った工夫をしなければなりません。そもそも簡単にわかりやすく説明するということは。。。。。(続く)

記帳代行業
税務申告
経営相談
会社設立の相談
贈与と贈与税申告
相続と相続税の申告
econowa
 
「エコノワ・プロジェクト」を応援しています。
落合健裕税理士事務所
〒430-0928
静岡県浜松市中区北寺島町214-14
Tel.053-450-2298
Fax.053-450-2297
E-mail:info@ochiai-zeimu.com
http://ochiai-zeimu.com